弁護士へ依頼

そのような契約をひとつひとつなんとなく私達は行い、日常生活がスムーズに流れていくのかもしれませんが、判断能力が低下した人たちはそうではありません。ひとつひとつの契約において座礁し、日常生活をスムーズに送ることが出来ないのです。ならばサポートしてもらうために老人ホームに入所しようと思うものの、老人ホームひとつ契約で成り立ちそのような人たちはスムーズに老人ホームにさえ入ることが出来ないでしょう。そのような人たちが悪徳業者に騙されてしまうケースも決して少なくはありません。

今後成年後見制度を有効的に利用すべき人たちはどんどん増え続けることでしょう。ただし成年後見制度は、オートマチックで付与されるものではありません。 成年後見人は自動的に付けてくれるものでもありません。家庭裁判所に成年後見の申立をする必要があります

正直に言って家庭裁判所に成年後見の申立をすると言っても、最初に何をしていいかさっぱり判らないという人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。その時は弁護士を頼りましょう。弁護士が成年後見のサポートをしてもらえます。自分で申し立て出来ないことではありませんが、大事なことなので多くの人たちが確実な方法を選択しましょう。

備えあれば憂いなし

「法廷後見制度」の他に「任意後見制度」という制度があります。「法廷後見制度」は本人の判断能力が低下しないことには利用することが出来ない制度として考えることが出来ますが、任意後見制度は、判断能力が低下するかなという段階で、
自分の判断能力が十分なうちに、判断能力が低下したときに備え、支援してほしいことや支援をお願いする人をあらかじめ家庭裁判所への申し立てによって「契約」で決めておく方法のことを言います。

このような方法によって、「備えあれば憂いなし」というモチベーションで将来に対して向きあっている人たちもいらっしゃるようです。結果、本人が脳梗塞で倒れ認知症を発症したときなど、 支援をお願いする人(任意後見人)に任せることが出来ます。

なぜ成年後見制度が必要なのと程度はここで既に理解することが出来たのではないでしょうか。それは、認知症の高齢者など判断能力の低下した方の意思を尊重する方法であり、財産管理などの権利を守るために存在している制度です。普段私達は日常生活において正常であれば、あまり気付かないのかもしれませんが、社会の成り立ちというものはほとんどが契約でなりたち、ひとつひとつそれをこなしているのです。

後見・保佐・補助

成年後見人となることで、判断能力が低下した人たちの財産管理などをすることが出来る権利を持つことが出来るようになります。 成年後見制度には法廷後見制度」と「任意後見制度」の2種類あり、まず、「法廷後見制度」というシステムを見てみましょう。

「法廷後見制度」は「後見」「保佐」「補助」と更に三つに分けることが出来ます。判断能力が低下するもののそこには違いがあり、 「後見」「保佐」「補助」によって分類をします。 通常の状態で判断能力が欠けてしまっている人たちもいるでしょうそのような人を対象としているものが「後見」です。 日常生活にかかわる行為以外において、取り消しすることが出来る権利を持っている人たちです。財産に関係するすべてのことを対象にすることが出来ます。

「保佐」は、著しく判断能力が不十分な人が対象であり、「補助」は判断能力が不十分な人が対象となります。 ただし制度を利用している人たちのほとんどが、 「後見」だということも抑えておきたいポイントです。

法廷後見制度というものはズバリ、本人が判断能力が低下しないことには利用することが出来ない制度です。それでは、他人任せという感じもしないではありません。自分がしっかり意識のある時に何か対策について考えたいとも思うのではないでしょうか。

財産管理の方法

成年後見制度というものをご存じでしょうか。財産管理の仕方として成年後見制度という方法があると考えてください。ただし、成年後見制度という名前自体知らないという人たちが多くいて、それではそのような制度が実際に存在しているとしても、うまく使いこなすことは出来るのでしょうか。

現代社会において、認知症や精神障害などのニュースをみなさんのひっきりなしに目撃するのではないでしょうか。もし自分がそのような症状になってしまったらということもそろそろ考えても良い時期なのかもしれません。私達の将来は決して順風満帆ということではありませんか。そのための対策について考えていかなければなりません。もしものために、私達はしっかり財産の整理について考えることが出来ているでしょうか。

しかし判断能力が低下してしまったら、もう自分自身で財産の整理をすることが出来なくなってしまうのです。そのような時には、誰かがしっかり判断能力が低下した人をサポートしてもあげなければならないのです。

このような視点から成年後見制度とは何かということをしっかり見つめてみましょう。 成年後見制度が何か簡単に言ってしまえば、判断能力が低下している人をサポートする制度として考えてください。判断能力が低下した人の代わりに、他の人・後見人に判断してもらうことが認められる制度です。 判断能力が低下しているからこそ、上手くその人を相手にして商売を押しつけて来ようとする業者からも守ってくれます。