備えあれば憂いなし

「法廷後見制度」の他に「任意後見制度」という制度があります。「法廷後見制度」は本人の判断能力が低下しないことには利用することが出来ない制度として考えることが出来ますが、任意後見制度は、判断能力が低下するかなという段階で、
自分の判断能力が十分なうちに、判断能力が低下したときに備え、支援してほしいことや支援をお願いする人をあらかじめ家庭裁判所への申し立てによって「契約」で決めておく方法のことを言います。

このような方法によって、「備えあれば憂いなし」というモチベーションで将来に対して向きあっている人たちもいらっしゃるようです。結果、本人が脳梗塞で倒れ認知症を発症したときなど、 支援をお願いする人(任意後見人)に任せることが出来ます。

なぜ成年後見制度が必要なのと程度はここで既に理解することが出来たのではないでしょうか。それは、認知症の高齢者など判断能力の低下した方の意思を尊重する方法であり、財産管理などの権利を守るために存在している制度です。普段私達は日常生活において正常であれば、あまり気付かないのかもしれませんが、社会の成り立ちというものはほとんどが契約でなりたち、ひとつひとつそれをこなしているのです。