財産管理の方法

成年後見制度というものをご存じでしょうか。財産管理の仕方として成年後見制度という方法があると考えてください。ただし、成年後見制度という名前自体知らないという人たちが多くいて、それではそのような制度が実際に存在しているとしても、うまく使いこなすことは出来るのでしょうか。

現代社会において、認知症や精神障害などのニュースをみなさんのひっきりなしに目撃するのではないでしょうか。もし自分がそのような症状になってしまったらということもそろそろ考えても良い時期なのかもしれません。私達の将来は決して順風満帆ということではありませんか。そのための対策について考えていかなければなりません。もしものために、私達はしっかり財産の整理について考えることが出来ているでしょうか。

しかし判断能力が低下してしまったら、もう自分自身で財産の整理をすることが出来なくなってしまうのです。そのような時には、誰かがしっかり判断能力が低下した人をサポートしてもあげなければならないのです。

このような視点から成年後見制度とは何かということをしっかり見つめてみましょう。 成年後見制度が何か簡単に言ってしまえば、判断能力が低下している人をサポートする制度として考えてください。判断能力が低下した人の代わりに、他の人・後見人に判断してもらうことが認められる制度です。 判断能力が低下しているからこそ、上手くその人を相手にして商売を押しつけて来ようとする業者からも守ってくれます。