後見・保佐・補助

成年後見人となることで、判断能力が低下した人たちの財産管理などをすることが出来る権利を持つことが出来るようになります。 成年後見制度には法廷後見制度」と「任意後見制度」の2種類あり、まず、「法廷後見制度」というシステムを見てみましょう。

「法廷後見制度」は「後見」「保佐」「補助」と更に三つに分けることが出来ます。判断能力が低下するもののそこには違いがあり、 「後見」「保佐」「補助」によって分類をします。 通常の状態で判断能力が欠けてしまっている人たちもいるでしょうそのような人を対象としているものが「後見」です。 日常生活にかかわる行為以外において、取り消しすることが出来る権利を持っている人たちです。財産に関係するすべてのことを対象にすることが出来ます。

「保佐」は、著しく判断能力が不十分な人が対象であり、「補助」は判断能力が不十分な人が対象となります。 ただし制度を利用している人たちのほとんどが、 「後見」だということも抑えておきたいポイントです。

法廷後見制度というものはズバリ、本人が判断能力が低下しないことには利用することが出来ない制度です。それでは、他人任せという感じもしないではありません。自分がしっかり意識のある時に何か対策について考えたいとも思うのではないでしょうか。